ロゴ
HOME>特集>私立大学を目指す人必見!【気になる学費について】

私立大学を目指す人必見!【気になる学費について】

本

授業料と通学可能圏

高校を卒業したら進学を検討する人も多いでしょう。専門学校なら将来の仕事に直結できる内容が学べます。一方大学なら大卒資格が得られ、学校によっては就職にもそれなりに影響するときもあります。できるだけいい大学に入学したいと考えるかもしれません。国立に比べると私立大学は学費がかかるため、安易に学校を決めると支払いに苦労するときもあります。学校を選ぶときには、どれくらいお金がかかるのかも考えなくてはいけません。年間の授業料が安いところは選択肢の一つになるでしょう。その他通学できるか下宿が必要かがあります。下宿となると下宿費用が掛かるので年間100万円ぐらいプラスして費用を考えないといけません。通学圏内なら費用は抑えられます。

文房具

文系や理系で異なる

大学で学べる内容は幅広く、古い文学作品の研究をする人もいれば、新しい科学技術などを研究する人もいます。国立よりも私立大学の方が学費が高く、さらに学校によって学部によって授業料も大きく変わります。費用の相場を見るとき、まず文系か理系かがあります。理系は実験や実習があるため、文系よりも費用が掛かるのが一般的です。文系は安い所なら年間80万円ぐらいで通常は100万円ぐらいでしょう。理系は安くて100万円ぐらいで、通常は120万円以上かかるかもしれません。偏差値の高い伝統校となるとそれなりに評判が良く、就職がしやすくなるときがあります。それ以外に学びたい教授がいる学校を選ぶときもあります。偏差値が低い学校にも優秀な先生はたくさんいます。